2021/02/10

佐賀産お買得なひのひかり

  

佐賀産ひのひかり


佐賀産ひのひかり



七夕こしひかり

    お世話になっております
    ご紹介するお米は「佐賀白石産ひのひかり」
    こしひかり系列の味のある銘柄になります

    米処佐賀からのひのひかり
    今回はリクエストの多かった配送できる重量ギリギリの25kgのみです

    食べ盛りのお子さんがいらっしゃるご家庭や
    月に25kgほど消費するけど、持って帰るのが大変
    と感じてられるお客様に合わせてご提案しております

佐賀産ひのひかり

  産地は佐賀の白石で獲れたお米ひのひかり
  作られてる農家は、山崎さんです
  各市場からも指名されるくらいの評判で
  作られてるタマネギ等々も質が良く
  米作りも実に丁寧で毎年納得のいく美味しいお米を作られてます

七夕こしひかり

  暖かくなると、玄米で常温保存の場合脂質が増え、
  それが劣化して古米臭となっていきますので
  購入する場合はお店の管理保存方法を確認されたほうが良いと思います。
  一生懸命丁寧に作られた佐賀のお米です!
  古米臭でもさせたら農家さんから怒られますので
  玄米でしっかりお米専用の低温倉庫にて
  管理・保管して販売時でも品質、旨味を保ったまま
  ご注文承り後精米し袋詰して、お客様の食卓へお届け致しております。

佐賀産ひのひかり

    ● ご贈答用として
       遠方に食べ盛りのお子さん、お孫さんがいらっしゃるご家族への
       主食のお米の贈り物、これほど喜ばれるものないと思います

七夕こしひかり

       お米の炊き方
計量カップでお米をすくって軽くゆすってください、少し減ると思います
そこへカップからお米がすり切れるまで足して下さい、それが正確な量になります
ボールへお米を入れ、お水を注ぎます
一回目は軽くすすいで素早く水を切ってください
研ぐと言うより、グルグル回す要領でシャッシャッと
お水を注いでサァーっと流します(繰返し

※ザルでお米を研ぐのは便利だと思いますが
 水を切った後の放置は絶対やめてくださいね

    2回ほど繰返すと良いと思われますが
    購入したお店によっては、お米や精米機が違うので
    「私はいつも2回研ぐ」と決めずに状態をみて研いでくださいね
    次に浸漬の為お水を注ぎます
    キレイに透き通るまで研ぐ必要はありません、少々濁ってた方が良いです

七夕こしひかり

 ほぐす
浸漬時間は 夏場 - 30分(夏長時間は水が傷みます
      冬場 - 60分(お湯炊きは味気無くなります

  じっくりと浸透させて旨味を引き出してくださいね
  そうするとふっくら艶のあるごはんができます
  そして、炊き上りをお知らせした時
  ほぐすタイミングです!(余分な水分を飛ばしてください
  これをするのとしないとでは旨味が違ってきます
  できたてごはんをご家族で味わってくださいね

     ※ほぐさなかった場合、釜の形にごはんが固まり、
      蒸気が蓋で水滴となってごはんにかかりベトベトになってしまいます

七夕こしひかり

     お米の発送
お客様へ佐賀のお米をお届けする配送業者さんは
ヤマト運輸のクロネコヤマト宅急便になります
配送は、宅配ケースにお米 5kg × 5袋 に袋詰してお届けいたします

    ※ヤマト運輸(クロネコヤマト宅急便)での配送は
     最大25kgまでですので、数量は「1」でお願いいたします