2021/02/15

精米作業(前編


   まずは信頼できるところからお米(玄米)の仕入ですね
   え~っ、そこから?
   と、思った方はこれからたっぷりとお付き合いお願いします

   信用できるところ(米卸、農家)から仕入れないと
   事件が起きるくらいとんでもないことになりますね

   特にここ数年佐賀県はトビイロウンカの害虫被害がヒドイので
   手入れの良い田んぼから仕入れないといけません(難

   仕入れると米専用の低温倉庫に積みます
   当店小規模小売店なので、
   フォークリフトでガァ~っとはできず、ひとつずつ積んでいきます
   この時期は友人からの誘いを断るくらいキツイです


   まず、石抜き作業ですね
   全部じゃなくて期間を決めて要る分だけですね
   米卸仕入はほぼ入ってないけど、農家さん直は入ってますね


   続いて虫食い等々の米を取除く「色彩選別機」です
   一番最小のマシンなので手間はかかります
   でもこれをやらないと店頭に並べるわけにはいきませんからね


   で、納得できたら店頭へ
   ケースもいいんですけど、この米袋の方が
   光を遮ってくれるし、ホコリも入らない
   しかも凝ったデザインの袋が最近多いので
   このままが良いかなと

      ※画像は全国あちこちからの玄米です
       地元のお客様の要望で
       「たまにはよその県の良かとば食べたかぁ~」
       と言われるもので仕入れてましたね

(続く

-------------------------------------------------------------------------------

佐賀のお米専門店 佐賀んと https://sagantofarm.raku-uru.jp/