2022年1月21日金曜日

発送サービス

  

佐賀 米 梅野米や天祐

お世話になっております
ふだんお客様へ、5kg、10kg発送する際は
この様なデザインの入った宅配ケースにしております
15kg以上になりますとごく普通のダンボールにてお届けしてます

佐賀 米 梅野米や天祐

          今後は在庫次第にて
          この様な宅配ケースに替わっていきます
          のでよろしくお願いいたします

 ※精米は、お客様からご注文戴いた時ではなく
  発送日に精米してお届けできるように心がけております


  配送は、ヤマト運輸の「クロネコヤマトの宅急便」にて
  お客様のニーズにお応えしながらお届けしております

  令和3年10月からは、180、200サイズと増えますが
  当面いつもの「25kgまで」にてお願い致します

佐賀 米 梅野米や天祐
   お世話になっております
   お客様よりご注文を受けて発送する際に
   のし紙受付けております

佐賀 米 梅野米や天祐

佐賀 米 梅野米や天祐

   あまりコチコチのものではなく
   ふんわか系のものになりますが、よろしくお願いいたします

------------------------------------------------------------------------------

美味しく炊ける佐賀のお米専門店

   佐賀んと https://sagantofarm.raku-uru.jp/

     

2022年1月20日木曜日

伊万里深山産特別栽培米夢しずく


伊万里深山産特別栽培米夢しずく


 
---------------------------------------------------------------------------------



● 伊万里深山産特別栽培米夢しずく



  秋に収穫された九州は伊万里深山産特別栽培米夢しずく
  伊万里深山産夢しずくは、深山と書いて「みやま」と読みます
  農家さんが丁寧にこだわって作られる美味しい産地、お米ができました
  平成27年11月下旬に皇居で行われる新嘗祭への献上米として
  神事抜穂式が行われた後、出荷されております
  平成29年にはこの地区の夢しずくが食味ランキングにて「特A」評価を受けて
  年々農家さん方々のこだわりも実を結んでます

        昨年好評いただいた「伊万里深山米」
        水加減も目盛通りに普通に炊いてみました。

        獲れたばかりと言うのもありますが艶々の炊きあがり
        軽くほぐしてちょっと余分な水分飛ばします。
        しゃもじの手応えはいいですね

        山間地の水でできるお米特有の爽快さ
        ちょっと上品な夢しずくに育っております。
        粘りはあるけどあっさりしててやわらかめ
        身体に気を遣う和食系の方にはちょうど良いと感じます

七夕こしひかり
栽培方法は、特別栽培 D分類
堆肥・有機質配合肥料を使用する環境に優しい栽培で
節減対象農薬:当地比       5割減
化学肥料(窒素成分):当地比   5割減となります

七夕こしひかり

 ほぐす
      浸漬時間は 夏場 - 30分(夏長時間は水が傷みます
            冬場 - 60分(お湯炊きは味気無くなります

  じっくりと浸透させて旨味を引き出してくださいね
  そうするとふっくら艶のあるごはんができます
  そして、炊き上りをお知らせした時
  ほぐすタイミングです!(余分な水分を飛ばしてください
  これをするのとしないとでは旨味が違ってきます
  できたてごはんをご家族で味わってくださいね

     ※ほぐさなかった場合、釜の形にごはんが固まり、
      蒸気が蓋で水滴となってごはんにかかりベトベトになってしまいます

伊万里深山産特別栽培米夢しずく

       Facebookより標高350メートルにある棚田で、
       湧き水を使った減農薬の特別栽培米「伊万里深山米」紹介されてます

  
今後使用する米袋です。
佐賀でできたせっかくのブランド米ですから、
できるだけ「伊万里深山米」のイメージで
各袋ごとに重要な意味を持つ佐賀県認証特別栽培農産物
及びJAS表示法シールを貼付しております

※ひとつの町範囲で獲れるお米の量なので
 取扱数量は極めて少なかですが、
 これからも「伊万里深山米」よろしくお願い致します



    ●
 ご贈答用として
       あまり知られてない珍しさ
       ふっくら美味しい逸品なので
       喜ばれると思われます



七夕こしひかり

     お米の発送
お客様へ佐賀のお米をお届けする配送業者さんは
ヤマト運輸のクロネコヤマト宅急便になります






美味しく炊ける佐賀のお米専門店

   佐賀んと https://sagantofarm.raku-uru.jp/

      

2022年1月19日水曜日

食育の日(19日

  

食育 佐賀 梅野米や天祐

ここ数年よく聞くようになった「食育」
実は100年以上前から言われてきたことなんです。

とりあえず「Wikipedia」様から引用分掲載

食育は、国民一人一人が、
生涯を通じた健全な食生活の実現、食文化の継承、健康の確保等が図れるよう、
自らの食について考える習慣や食に関する様々な
知識と食を選択する判断力を楽しく身に付けるための学習等の取組みを指す。

2005年に成立した食育基本法においては、
生きるための基本的な知識であり、
知識の教育、道徳教育、体育教育の基礎となるべきもの、と位置づけられている。

単なる料理教育ではなく、食に対する心構えや栄養学、伝統的な食文化、
食ができるまでの一次、二次産品の生産についての総合的な教育のことである。

この言葉を造語した石塚左玄は、食品の与える影響に関する独自の説によって、
子どもに食べさせる食品の影響によって子どもの心身を養うという意味で用いた。

食育 佐賀 梅野米や天祐

 人によってそれぞれの価値観が違うので
 色んな食育があると思います。

 そのひとつ、嬉しかった佐賀市の取組

食育 佐賀 梅野米や天祐

   まずはこれからだと思います
   食品をポンポン捨ててる方が「食育」を語るのも
   みっともない様な気がします
   それと下記のTVCMも印象に残ってますね

食育 佐賀 梅野米や天祐



美味しく炊ける佐賀のお米専門店

   佐賀んと https://sagantofarm.raku-uru.jp/

      

2022年1月18日火曜日

佐賀上場産こしひかり


   令和三年度産新米入荷!
   店頭(六座町店)のみにて販売しております

-----------------------------------------------
 
佐賀唐津浜野浦の棚田

●佐賀上場産こしひかり

 有名な棚田の写真ですね
 佐賀は玄海町にある浜野浦の棚田です

佐賀唐津浜野浦の棚田

 この浜野浦の棚田を中心に
 上記画像オレンジ色にある中山間地で獲れるお米です
 高低差が激しく険しいところはありませんので
 じっくり山で磨かれた良い水が田んぼを育ててます
 佐賀では、旨味、粘り共に安定感のあるこしひかりになります






----------------------------------------------------

美味しく炊ける佐賀のお米専門店

   佐賀んと https://sagantofarm.raku-uru.jp/

      

2022年1月17日月曜日

お米スタイル No.51

 









「お米すたいる」これは毎月お米の発送時
お客様に配布しております
食生活において様々なことを、読み易く書かれた文献
熱心に作られた方達の行為を無にするような気がして
発行月とずらして掲載しております
 ※ペナルティの場合はお知らせ下さい

------------------------------------------------

美味しく炊ける佐賀のお米

   佐賀んと https://sagantofarm.raku-uru.jp/


 

2022年1月16日日曜日

農家民宿具座さんのキャンプ場

農家民宿 具座さんのキャンプ場

農家民宿 具座 http://guza-mitsuse.com/

色んな所で紹介されてますね
気になる方はぜひ予約してご利用のほどよろしくお願いいたします


ごんどーがさんの紹介You Tube動画


 

佐賀三瀬高原産具座こしひかり


   
佐賀三瀬高原産具座こしひかり
佐賀三瀬高原産具座こしひかり

   ※令和三年度産新米入荷販売しております

---------------------------------------------------------------------------------

佐賀三瀬高原産具座こしひかり


 佐賀三瀬高原産具座こしひかり

佐賀三瀬高原産具座こしひかり


    お米が美味しそうな自然豊かな三瀬高原にて
    農家民宿 具座さんを訪ねる機会がありまして
    ここで育てられたお米、こしひかりをご紹介することとなりました

    佐賀北部の山奥なのですが、急斜面での栽培ではなく
    比較的平らな田んぼなので
    山で長年じっくりと磨かれた冷たい清流水がいきわたります

    なので今年も酷暑を心配しておりましたが
    夏でも夜は涼しく、
    ごはんを甘くしてくれる寒暖差が
    キュッと旨味を引き出してくれそうですね。

  ※毎年ほとんど農薬を使用せずに育つ自然環境でしたが
   昨年の山間地を襲った害虫(トビイロウンカ
   予防のため農薬を極僅か使用しております
   それにより三瀬地区でできたお米はすべて一等米だったそうです
 
 POINT

佐賀三瀬高原産具座こしひかり

   農薬をほぼ使用しないで育てたごはんはより美味しいとよく言われますが
   私はちがって、より素朴なごはん本来の味に近づいてる感じがしますね
   人それぞれ感触は違ってくると思いますが、お試しくださいませ



 現在はこのような米袋になります
 
 【 重要 】
 ちゃんとブランドイメージを守るために
 仕入れた数量の分だけ
 具座さんより米袋にスタンプを押してます


佐賀三瀬高原産具座こしひかり

佐賀三瀬高原産具座こしひかり


  ご贈答用として
     
   具座さんのお人柄もあって
   たいへん喜ばれるお米です



佐賀三瀬高原産具座こしひかり

         お米の発送
          お客様へ佐賀のお米をお届けする配送業者さんは
          ヤマト運輸のクロネコヤマト宅急便になります


佐賀三瀬高原産具座こしひかり




-------------------------------------------

美味しく炊ける佐賀のお米専門店

   佐賀んと https://sagantofarm.raku-uru.jp/

       

2022年1月15日土曜日

お米の精米作業(後編


  


精米機のメンテナンスからですね
毎日するのは精米する網?をゴシゴシとするくらいで
週一で解体掃除するくらいですが、とにかく気をつけております


    ご注文をいただいて発送する日に精米はしております
    まず「張込み」に玄米を投入します
    画像は強力な磁石ですね
    滅多にありませんが一度だけ小さな針金がくっついてました(汗
    大事故を未然に防いだ磁石です


精米機は「美白米スター」5馬力を使用してます
なかなか癖のある精米機ですが、使いこなせるよう勉強してます


お客様のご注文に合わせて、白米、七分搗き、五分搗き、三分搗きと
精米してます、お米の状態により六分搗きになったりもしてます(汗


    これは精米の状態を診る「平面レンズ」ですね
    これで艶のある精米を目指して監視してます


精米が終わると、袋詰めする前に「篩がけ」をします
ここで砕けたおコメや細いおコメ、たまに機械を上手くすり抜けてきた
着色米(ムシ喰い)などのお米を取除きます
これをすると別格に美味しくなるという訳ではありません
米粒を整えたいのと、お客様へのおもてなしの気持ちからです



    こんな感じで30kgほどするとこれくらいでてきますね


    愛車の赤い三輪車で配達~


    上記の米びつはたまたま見つけたものなんですが
    これは良いですね
    半透明なので残量判り易いですし、
    上から入れて下からすくう循環タイプ
    持ち運びも手軽にできそうでお薦めできる米びつです

----------------------------------------------------------------------------

美味しく炊ける佐賀のお米専門店

   佐賀んと https://sagantofarm.raku-uru.jp/